水樹奈々大いに唄う 伍

水樹奈々大いに唄う伍、現地幕張のチケットが外れたので、
立川の映画館までライブビューイングを見に行ってきた。

大いに唄うはこれで5回目。
1回目(2008年@新宿コマ劇場)、2回目(2010年@中野サンプラザ)、
3回目(2013年@両国国技館)、4回目(2016年@代々木体育館)、
そして5回目は幕張イベントホール。
4回目以外はすべて行けているので超楽しみにしていた。

まずは国分寺の手打ちうどん屋「甚五郎 」で腹ごしらえ。

今回は鴨汁うどん並。2センチ角くらいの鴨肉が5個程入っていた。
しっかりした歯ごたえで美味。
麺の方は、前回もそうだったけどちょっと塩が多いかな?

他にもいろいろ食べてみたいメニューが沢山。
引っ越しまでに、肉みそキムチうどんと山菜おろしうどん、
そしてそば湯割りを頼んでみたい。

その後立川の映画館へ。

令和一発目のイベント、とても楽しかった。
ドタバタしていて夏のツアーの申し込みをできなかったが、
最終公演のマリンスタジアムは行きたい。

9月はまだまだ先だなぁ、、。

Hell like Heaven

ブタ野郎アニメのOP「君のせい」をきっかけに聴くようになったthe peggies
アルバム同梱の申込書+3500円で、ツアーの初日@渋谷 CLUB QUATTROに行ってきた。

新宿西口から原宿方面へ。

RICOH GRIII

明治神宮。凄い人混みだった。

RICOH GRIII

ここは雨の平日に来る場所だなぁ。

RICOH GRIII

国立代々木競技場。
ここにはライブで何度足を運んだことか。

CLUB QUATTRO。初訪問。

当日券は完売した模様。

300円でロッカーに荷物を入れ、600円でドリンクチケットを購入し、ビールと交換。
オッサンなので、フロアの後ろの方の壁の前に陣取った。

18時過ぎに開演、20時閉演。
一番聴きたかった「する」と「マイクロフォン」を生で聴けて大満足。
このバンドのドラムが半端ない。チェリボの渡辺豊氏以来の感動かも。
ずっと嬉しそうに叩いているのが良い。

久しぶりのスタンディングライブ、終盤オッサンの腰に
厳しかったけど、楽しかったし、良い気分転換になった。

オッサンだからと腐ってないで、楽しんでいこう。
なんか元気をもらった気がする。

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS III-

15時ごろ、さいたまスーパーアリーナに到着。

良い天気だ。

その後物販でカレンダーだけ購入し、近くのサイゼリヤへ。

とりあえずプレモル。

ピザ(チーズ増し)。結構美味かった。

17時、入場開始。
座席は200レベルの上手側。車いす席の2列前。
ステージが結構近くてよく見えた。ちなみに右隣は連番申請しておいた某兄さん。
人が立つと車いすの方が見えなくなるからか、我々の後ろの列は予備席になっていた。


18時過ぎ、Glorious Break→VIRGIN CODEとフルオケライブとは思えない選曲でスタート。
昔の曲のフルオケアレンジもあり、とても楽しめた。
やはり生で聴くのはとても良い。


で、最後の曲はお奈々作詞の「愛の星」だった。
そう、何を隠そう、2015年6月の某宴の退場曲にしてしまった曲である。
YouTube

この曲の他にも、Naked Feels、innocent starter、そしてSing Forever。
昨年5月からこれらの曲は聞く勇気が出なかったのだが、久しぶりに聞いて、
しかもフルオケ版で、ショック療法が効いたのかもう大丈夫になったみたい。

自分から選曲して聴こうとは思えないけど、ランダムで鳴ったときに
飛ばすことはなくなった。

いろいろな受け取り方ができる歌詞なことに(今更ながら)気付けて良かった。


ダブルアンコールは室屋氏のバイオリン一本で歌う粋恋。
これが本当に、本当に凄くて、鳥肌が止まらなかった。
左隣の人とも話していたのだが、これだけCDで出して欲しい程。


さて。
2016年のLIVE GALAXY 2016@東京ドーム以来の参戦だったのだが、
とても楽しかった。やっぱりライブは良いなぁ。

夏のツアーが発表されたら、一箇所で良いのでどこか地方公演に行きたい。

次で終わり、打ち上げです。