特別純米 ささまさむね

そういえば、最近ずっと日本酒を載せていない気がする。

裏ラベルの記載。

蔵のまち北方で1818年(文政元年)に創業した
笹政宗酒造は、おかげさまで今年200年目を迎えます。

対象中期に建て替えられた蔵の庭では、
春になるとカッコウが鳴き、
夏の夜にはほろ酔いの様なホタルが迷い込みます。

木枯らしが吹き冬が近づくと、蔵へ杜氏と蔵人が集い、
年に一度のお酒づくりが始まります。

2014年からの新銘柄「ささまさむね」は、
若手後継者が新たな試みを織り交ぜ、
熟練の蔵人4名と力を尽くして完成させました。

酒+人+郷土食店良い縁を結び、
みずみずしい味わいとともに幸せな時間をもたらす様な
お酒を、心を込めて醸していきます。
笹政宗酒造 岩田悠二郎

実にうまくてこれで2本目。
また来年も購入したい。

グビ姉のすき焼きに合う日本酒 極

昨年末、某兄さんより特別な日本酒が入荷したとご連絡をいただいた。
抽選の結果購入されたのは、ゆるキャン△コラボの日本酒、
グビ姉のすき焼きに合う日本酒 極」。
一本6000円の超特選大吟醸である。

というわけで、某兄さん、先日皇居に一緒に行った某氏、
そして私の3人で私の家ですき焼き大会を開催することに。

集合後、丸井の地下で食材を購入。
右端に見切れている箱は、このために購入したOIGEN製 南部鉄器のすき焼き鍋
ちなみにタコ焼き器もOIGEN製を愛用している。

この特別なお酒を迎え撃つのは、
和牛1㎏、名古屋コーチンの卵、今半のすき焼割下木樽醤油仕込み
肉厚な椎茸、特大麩、白菜、春菊、極太東京ネギ、吉田のうどん、
焼き豆腐、結びしらたき。そして追加の日本酒2本とプレモル8本。

まずは主役。
太冠酒造 超特選大吟醸 グビ姉のすき焼きに合う日本酒 極。

やや辛口とのことだが、非常に芳醇で実に美味かった。美味すぎた。
今この写真を編集するまで純米酒でないことに気づかなかった。

定価100gで2400円の三重県柿安牛。
お店が一頭買いしたとのことで、100gで980円だった。

牛個体識別番号、1435805895。

撮影:某兄さん

一枚一枚丁寧にラッピングされた和牛の美しさよ。

撮影:某兄さん

絵になりすぎる。
口の中でとろける肉。無言で食べ続けた。

某氏差し入れ、 槽酒 秀凰 無濾過 しぼりたて 生原酒。
アルコール分18度。精米歩合65%。

秀凰の酒は結構買っているが、これは初めて。
数年前にこの酒のことを教えていただき、いつか飲んでみたかったのだ。
香り良く、味も良く。非常に美味しかった。

そして、油長酒造 風の森 ALPHA TYPE2。

美味い酒、美味いすき焼き。そして話の合う友人達。
これからも大切にしたい。

油長酒造 風の森

帰宅後飲みながら、ん十年ぶりにマリオカートをしてみた。
お酒は「油長酒造 風の森 純米吟醸 雄町 無濾過無加水」。

当時はスーパーファミコンだったけど、今回はSwitch。
基本的なルールは同じなので、昔のように楽しかった。

5歳差ということで当時は僕が勝ってばかりだった(酷い奴だ…)気がするけど、
今回はぎりぎり負けてしまった^^

本当にありがとう。

佃と佃煮と酒と。

先日「キンシオの一文字地名の旅」で佃が取り上げられていたので行ってみた。

新富町駅の7番出口で地上に出ると、すぐそこに「靴業発祥の地」の石碑。

佃大橋方面にてくてくあるくと、「佃島渡船跡」が。
とりあえず一通り読んで、佃島大橋を渡る。

右から、渡船場跡、住吉神社の鳥居、住吉水門、佃公園の石川島灯台跡。
灯台跡は今はトイレになっている(^^;

右上のはインターホンだろうか。

住吉水門。

佃に来て佃煮を買わないわけにはいかないので、老舗「天安」にていくつか購入。
店のおばちゃんによると、来週土井善晴さんのTVに出るらしい。
BS朝日の「土井善晴の美食探訪」かな?
ちなみにご本人は来ていないらしい(^^;

良く見えないけど、住吉神社。

暗くなってきたので灯りがついた。
にしてもこの辺りは高層マンションだらけだ。。

佃公園から石川島公園へぐるっと一周。
結構頻繁に船が通るので、眺めていて飽きない。
椅子に座ってぼーっとしているご老人が多いのはこのためか。

東京の街を守るための水門が見える。
日ごろ気にすることはないけど、結構多いんだなぁ。

スカイツリーと屋形船。

だんだん暗くなってきた。

月島駅方面へ。

月島のもんじゃ街をふらふら散策。
どの店からも超いい匂いが漂っていたが、外でお好み焼きを食べるのは関西人として許されないので我慢。
高すぎる。

月島から銀座へ電車で移動。

Nissanのショールームへ。ケンメリスカイライン。
個人的にはハコスカが好きだけど、昔の車は風格が違うな。

1億2000万円のNissan GT-R50 by Italdesign。

値段のわりに普通なフロアマットとハンドルの傾きが気になる。

三州屋。
カキフライが旨いらしい。一度行ってみたい。

帰宅後、買ってきた佃煮で一杯。

上から、アサリ、生姜、小女子(イカナゴ)。

お皿に盛ってる時点で甘くて良い香りが。

今日の酒は、いつもお世話になっている方に頂いた、成龍酒造の「伊予賀儀屋9 DRY TASTE」。
日ごろ辛口の日本酒は飲まないのだが、これは辛口の中にもちゃんと旨味があった。良い。
数日たつと化けそうだ。

続けて二本目は、帰りに武蔵境の酒屋で購入した、「羽根屋 PRISM」。
香り豊かで美味い酒だが、これも数日経つと深くなりそう。

かなり長くなってしまったが、カメラ片手に散策するのは良いな。
写真というか散策記録になってしまっているけど(^^;