温泉旅行 (5) 小諸散策

3日目の朝。

帰りも宿の送迎ではなく、歩いて駅へ。

上田電鉄で上田に向かい、しなの鉄道で小諸へ向かう。

小諸駅前。
2012年放送のなつまち、今でも街に受け入れられているのは嬉しいことだ。
久しぶりに木崎湖に行きたくなってきたな、、。

懐古園。

石垣が美しい。

人が少なくてとても良い。

懐古神社、小諸城址。

ふむ。

こういう店構えは好みだ。

手ぬぐいが良い味出してる。

その気はなかったのだが、使われたシーンに気づくと撮ってしまう。

ここもか。

石垣、力強く伸びる木。

天守閣跡。

一前々の写真の石垣の上を歩く。この奥は天守閣跡。

この一番上の石、地震とかで落ちないのかな(^^;

天守閣跡。

ぐるっと回って先ほどの店の反対側へ。
もうかき氷の季節か。

懐古園を後にし、駅の北側へ。

実に渋い。

地方の街のこういう風景が好きだ。

蕎麦屋、刻。

お品書き。田舎の大盛りを注文。

田舎そば。この太さ。蕎麦の香りが素晴らしかった。
次は普通の細い蕎麦を食べてみたい。

しなの鉄道で軽井沢へ。

G20で警官多数。

假屋崎省吾作。

軽井沢からは新幹線。

突如思いついた旅行だったけど、かなりリフレッシュできた。
半年に一度は温泉旅行に行きたいものだ。

温泉旅行 (4) 温泉街3

常楽寺へ。

なんてことのない小道が良い。

お地蔵様。

常楽寺。

茅葺き屋根が美しい。

常楽寺 石造多宝塔。

続けて別所神社方面へ。

別所神社。無人。
舞台が美しい。

常楽寺に向かって伸びる参道。

七苦難地蔵尊を抜け、愛染橋を渡り、街の南東を散策。

ふむ。

足湯。

街の人専用の洗い場。
野菜とかを洗うのかな?

オッサンの足。

大湯。混んでいたのでパス。

大湯薬師歌碑公園。

良い。

一度宿に戻り、大師湯へ。

錆びたロッカー。
中でおじさんに声をかけられた。
近くに住んでいてちょくちょく来ているとか。

温泉好きらしく、北海道のセセキ温泉や熊湯温泉の話で盛り上がった。
やるなぁ、おじさん^^

隣の甘味処でいくつかおやつを購入して宿へ。

今回お世話になった宿。

連泊の特権は、当日のお客さんのチェックイン時刻まで貸切になること。
結構雨降ってるけど、雨の中の露天風呂も良い。

こちらは半露天。
すべて源泉掛け流し。杓子がおいてあり、飲むことができる。

夜飯。牛肉と鶏肉の鉄板焼き。

今夜も馬刺し。

別皿で注文した鹿肉のたたき(2人前)。

美しい。

焼き魚も美味。

夕食の後は数時間休憩して、マッサージしてもらってから温泉へ。

風呂上がりの一杯。
飲んでさらに4時間ほど寝て、深夜小雨の中露天風呂へ。
大満足できた。

次は最終日、小諸散策です。

温泉旅行 (3) 温泉街2

あまりに間が空いてしまうと忘れてしまうので。

2日目は朝からカメラ片手に温泉街を散策することに。

崇福山 安楽寺へ。

緑が美しい。

蓮の葉。人の顔みたい?

小雨の中の撮影はとても楽しい。

無人。実に良い。何時間でも過ごしていられそうだ。

もう一枚。

こういうのに弱い。

安楽寺。

Voigtlanderのこの空気感。たまらない。

わざとらしい。

八角三重塔。

この佇まい。

次は常楽寺です。