リゾートしらかみ

○2019年2月24日(日)

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

少し早めに宿を出て、バスの時間まで漁港を散歩。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

氷の上でめっちゃ踏ん張ってる姿が可愛すぎる。

SONY RX100M5

朝の漁港も良い。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

8時57分 下風呂発のバスで下北駅へ。

SONY RX100M5

9時45分 下北駅到着。10時26分発の快速しもきた 八戸行で野辺地駅へ向う。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

目覚ましのコーヒーを飲みつつ列車に揺られるのは良い。

乗り換えまで時間があったので、野辺地駅の駅そば、「パクパク」へ。

めかぶそば430円、大盛り60円。
かけそばは300円なので、このめかぶの量で130円はちょっと高いかな。

SONY RX100M5

野辺地駅の、日本最古の鉄道防雪林。

野辺地で青森行きに乗り換える。

12時36分 青森着。この駅で降りるのは本当に久しぶりだ。
ロッカーにスーツケースを預けて、お土産を買いにアウガ新鮮市場へ。

SONY RX100M5

つまみを購入。
おばちゃんと立ち話していたらいろいろオマケ&試食させてくれた。
ありがとう。

駅の近くに戻り、中華そば 長尾へ。

あっさり手打ち麺、600円。
強烈な煮干しだが美味かった。麺ももちもちで食感も良い。
2名並んでいたのでヒヤヒヤしたが、発車10分前に食べ終えた。

青森駅に戻り、リゾートしらかみの待つホームへ。

リゾートしらかみ 橅。

車内の様子。

車両の最後尾。

途中何度か方向が変わるが、海側のA席。
13時51分 青森駅発。18時56分 秋田駅着。約5時間の旅。

SONY RX100M5

線路沿いの雪に映る列車の影を見ながら、

下風呂温泉で購入した日本酒をちびちび。

車内を散歩。
こちらはボックス席。

先頭車両。

車内の売店でお酒を買って、

カウンターでちびちび。

SONY α7RIII + SONY FE 24-105mm F4 G OSS

1カップ200円。

途中千畳敷。

15分間停車するので、その間に千畳敷へ。
発車の少し前に汽笛で教えてくれる。

SONY α7RIII + SONY FE 24-105mm F4 G OSS
SONY α7RIII + SONY FE 24-105mm F4 G OSS

進行方向。
日本海が良い感じだ。鉄道を入れて写真撮りたいところ。

SONY RX100M5

ずっと日本海沿いを走る。

SONY α7RIII + SONY FE 24-105mm F4 G OSS

日が沈む。右上のは社内の蛍光灯の反射。
秋田駅からの新幹線に空きができたので予約し、ビジネスホテルはキャンセル。

秋田駅には18時56分に到着。
発券し、お土産買って、19時10分東京行きの秋田新幹線 こまち42号に乗車。
東京駅には23時4分に到着し、終電で帰宅。

良い気分転換になった。
列車の旅も良いなぁ。

アンコウ

○引き続き2019年02月23日(土)

飯の後、昨日訪問しなかった鉄道アーチ橋へ。

1-2週間前はかなり雪が降ったらしいので、その名残か。

駅舎 ?

菅江真澄が歩いた下北。

下風呂温泉郷駅。

気温が10度を下回ると温度を保てないらしく、足湯はお休み中。

再び漁港へ。

カモメ。

ビットに座ってまったり。

イカ漁船の灯り。

市場。
頑張って早起きしてセリの様子を見に行けばよかったかも。

烏賊様レース場。閉館していた。

後姿が格好良すぎる。

下風呂温泉郷入り口。

錆びついたコンプレッサー。

漁港の防波堤の先端へ。

漁船。

ひたすら漁船。

かっこいい、、。

何か言った?って感じだった(^^;

一度漁船に乗ってみたい。

標語を毎日見させることの効果はどれくらいなんだろう。

カモメが来てくれた。

水たまり。

遠くに見えるのは北海道。

右端の積雪している山は恵山か。

まだ綺麗だけど、穴でも空いたのかな。

雪が舞ってきた。

この辺。

風が出てきた。

船尾の鈴。

この船にも鈴。

漁港と北海道。

日が落ちてきて、急激に寒くなる。

ここからの時間が漁港充の醍醐味。

ファインダー覗いていて鳥肌が立った。


漁船。

ひたすら漁船。

なんかかっこいい。

こういうゴミゴミしたのも良い。

一通り漁港を堪能した後、つまみを購入したお店へ。

お婆さんが顔を覚えていてくれて、アンコウの煮物と干しタコを味見させてくれた。
昔はイカが大量に採れたらしいが、ここ数年は不漁でほぼ取れなくなったらしい。
代わりにタコが取れる様になったとか。
20分ほど雑談して宿方面へ。

大湯。

小川から漂う硫黄の香り。

二日目の夕飯。
アンコウ尽くし。

別皿でタコ。
昨夜風呂で一緒になったおじさん効果かな?

アンコウ鍋。
ぷりぷりでとても美味しかった。

次は最終日です。

酒と肴

○2019年2月23日(土)

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

寝るときに部屋の石油ファンヒーターを止めたので、
室温6度というなかなか刺激的な室温の中起床。

写真奥に映っている暖房器具は重油で動く設備なので、今は動かせないらしい。
そういうのが残っているのが、また、良い。

SONY RX100M5

部屋を出て左手に進むと、突き当りに洗面所。
その左手側にはお手洗いがある。いい感じすぎる。

朝飯。塩辛は自家製らしい。
ご飯がいくらでも進む君。

熱々の味噌汁も美味。
朝飯の後はとりあえず温泉で貸し切り状態の朝風呂へ。

SONY RX100M5

下風呂を9時15分に通貨するバスに乗り、下北半島最先端の大間岬へ。

SONY RX100M5

大間岬には9時46分に到着。
ここに来るのは、2012年7月のお奈々のライブ、NANA MIZUKI LIVE UNION 2012以来。

で、マグロの時期でもないので店はほぼ閉まっていて、観光案内所もロープが張られていた。
10時を過ぎれば開くお店もあるのかもしれないが、もし空かなかった場合、
9時53分のバスを逃すと次は2時間後。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

仕方ないので、数枚写真を撮って、缶コーヒーを買って、9時53分発の
バスで折り返し下風呂方面へ。滞在時間7分のために往復1920円。
まぁ、想定していたので問題なし。

上の写真中央付近で輝いているのは鳥。カモメかな。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

下風呂の1つ前の停留所、日和岬で下車。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

歩いて先端まで行きたくなるのを我慢(^^;

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

ふのりの採取場だろうか。

SONY RX100M5

山側には大間線が走るはずだった橋が残る。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

道路上の雪はほとんど残っていない。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この昭和感漂う配色が良い。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

雪解け水。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

こういうのに弱い。

下風呂漁港隣の「海峡いさりび公園」。

SONY RX100M5

恵比寿神社。

SONY RX100M5

ふと、見知ったお名前の看板が。

SONY RX100M5

同志社創立者 新島襄先生 寄港の地。

SONY RX100M5

1864年に3日間、下風呂に立ち寄られたとのこと。
私がこの地を選んだのは偶然だが、何かご縁を感じた。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

ガードレールに錨が良い感じにかかっていた。
近くのおじさんによると、1年くらいで錆びてボロボロになるらしい。
また、ロープは中央の棒の先端だとすぐに外れてしまうので、 錨の付け根
(写真で白いロープが巻いてあるところ)に巻き付けるのが良いらしい。
あと、遠いところに沈めて、ほかの船の邪魔にならないよう海底を這わせて船を留めるとか。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

ふむ。

時間は丁度お昼前。
街の大通りのお店に入ってみることに。

つまみがいっぱい。
昼飯用にと、鱈の生姜にと、タコの頭とトビッコの和え物、そして干しタコを購入。

宿に戻り、「大湯」へ。

「新湯」と同じ値段。

新湯はプラ券だったが、大湯は紙の券だった。
先客は2名。例によって、湯舟には浸からず、外に座って洗面器で湯を体にかけていた。

とりあえずシャワーで体を流し、湯舟へ。
新湯と違い湯舟は熱い方とぬるい方の2つある。

誰もいない熱い方の湯舟へ向かったのだが、手を入れると激熱だった。
おじさんが、「兄ちゃんこっち」と、ぬるい方に呼んでくれた。

しかしこちらも熱い。
悪戦苦闘していると、おじさんが蛇口から水を出してくれ、
蛇口に近い場所に代わってくれ、ようやく湯舟に浸かることができた。
大湯のお湯も白濁している。ヒリヒリする程の酸性が非常に良い。

浸かっては出てを繰り返すこと40分。
おじさん2名にお礼を言い、彼らより先に風呂を出た。

出るとき、番台のおばさんが「忘れ物ないようにね」と声をかけてくれた。

SONY α7RIII + Voigtländer MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

宿に戻り、購入した肴で一杯。
こういうのってとても良い。

続きます。

下風呂温泉

○引き続き2月22日(金)

12時30分に下風呂温泉に到着。

バス停を降りた瞬間漂う硫黄臭。
そしてこの雰囲気、実に良い。

宿のチェックインは15時から。
荷物だけ預けるにしても流石に早すぎるので、とりあえず街中を散策することに。

街のメインストリート。

民家の軒先で干されている魚。
港町に来たんだなぁという気にさせてくれる。

漁港。
特に地方の漁港が好きだ。
漁港を散歩し、疲れたらビット(係留柱) に座ってコーヒーを飲む。
カモメの鳴き声や係留された船から鳴る音をBGMに。
この時期寒いから長居はできないけど。

天気が良くて本当に良かった。

下風呂温泉。
宿は何軒かあり、頑張ってる。

一枚目の写真のゲートをくぐると、若がえりの坂が続く。
地域の小学校の閉校記念の碑で、裏には学生の名前が書いてある。

坂の途中、公民館前にて。
突然現れる階段。裏に坂があるから本来階段は不要のはず。
近くに鉄道アーチ橋と書いた標識があったので、昔線路が走っていたのかもしれない。

そう思うと、階段の左隣のこの絶妙な幅が線路跡に見えてくる。

反対側。これ間違いなく線路跡だろう。

もう少し先に進むと、鉄道アーチ橋に続く。
後で調べたところ、開通することなく廃線になった線路らしい。
荷物が多いので、この先はまた翌日以降訪問することに。

大間線は青森県むつ市の大畑線の終点大畑駅から同県下北郡
大間町の大間駅までを結ぶ計画であった未成の鉄道路線。

https://ja.wikipedia.org/wiki/大間線

到着から1時間程、重い荷物を引きずって歩いたら結構疲れたので、
公民館のロビーで休憩させてもらうことに。

あとから来たおばさまが、どこから来たの?と、気軽に声をかけてくれた。
いつもは13時で閉まるが、この日は確定申告だからこの時間でも空いているらしい。
運が良かったね、と。

その後5分ほど雑談し、14時まで公民館で待機。

ぶれてる、、。

14時を過ぎたので、大通りの売店「ファミリーショップ かねもり」で
水2Lと日本酒(300ml)とビール(500ml)を購入。
外風呂に行く間に荷物を預かってもらおうと、宿へ向う。

突き当りは外風呂の「新湯」。
通りの左右に小さな旅館が立ち並ぶ。

街中に漂う、かすかな硫黄臭。
とても良い感じの温泉街だ。

2泊3日でお世話になる、「かどや旅館」。
チェックインの1時間前なのに、部屋に通してくれた。

女将さんによると、この旅館と「新湯」は源泉が同じとのことだが、
金曜日の14時、空いているに違いないので、新湯に行ってみることに。

新湯。

350円払うと、黄色いプラスチック製の券が出てくる。
中に入り、番台のおばちゃんに渡す。

先客2名。
湯舟は一つ。中の様子はこんな感じ
お湯は白濁しており、源泉温度が95度ということもあり温度は熱め。
白い湯花が程良い感じに浮かび、私的に過去2番目に良質なお湯。
掌がヒリヒリするほどの酸性。効能はこちら

先客のおじさん2人は漁師さんの様子。
湯舟の外に座り、時折洗面器で体に湯を掛けていた。
お湯が厚いので、そうするのが井戸端会議もとい風呂会議向きなのだろう。

強烈な訛りで、数字とカタカナ英語以外はほぼ会話が全く理解できなかった。
遠いところまで来たんだなぁと実感。
こういうのも良い。

風呂上りはこれでしょう。コーヒー牛乳、120円。
熱い温泉で火照った体に染みわたる。日本人で良かった。

途中で入ってこられたおじさんが脱衣所で話しかけてくれた。
新湯の建物は来年取り壊され、バス停の前に移転するらしい。
凄い歴史を持つ建物が醸し出すこの雰囲気がなくなるのはとても惜しい。

ちなみに毎日来ているとのこと。
地区の人は150円。こんな近くに最高の温泉があるとか、羨ましい限りだ。

10分ほど雑談。
この時期に東京から電車とバスで訪問し、しかも2泊もする人は珍しいみたい(^^;

ちなみに、温泉を出る時点でも先客2名はずっと中にいた。
水分不足にならないのかな(^^;

風呂上がりのコーヒー牛乳は定番だが、風呂上がりのビールも欠かせない。
ということで、窓際で冷やしておいたヱビスを一本。
後ろに写っているのは念のため持ってきた酒だが、結局開けなかった。

再びカメラをもって散策。
先ほどの大間線の階段へ。ここがホームになる予定だったのかなぁ。

結構しっかり作られている。

あまり多くはないが、廃墟が数件目についた。

階段の下の出口。

土産屋を改造したカフェ。一度立ち寄ってみたかった。

再び漁港方面へ向かう。
何を言っているかわからないと思うが、ひたすら漁港充してきた。
これから似たような写真ばかりが続くがご容赦願いたい。


イカ漁船。
船の前方の竹、(この写真には写ってないが)後方の鈴。
無事帰ってくるためのおまじないか何かだろうか。

結局何号なんだ。

波に合わせて鳴るタイヤ。

空が良い感じになってきた。

カモメに混じってカラスも少し。

どこに行ってもこんなのばかり撮ってる気がする。

雪解けの水に映る空。

無造作に置かれた錨がたまらない。
切られたロープ、タコ用の籠、放置されたビールのケース。

自動で回って魚かタオルを乾かす機械。
錆てもう動かないのかも。

昼間はそれほどでもなかったが、夕方急に冷えてきたので、宿に戻って宿の温泉へ。
平日ということもあって宿泊客は私一人。
いつ温泉に行っても一人というのは素晴らしい。

ここのお湯も白濁しており、温度は高めの源泉掛け流し。
湯口に布の網が取り付けられていたので、湯花はほぼ無い。
ちなみにシャワーはなく、水とお湯の蛇口が一つずつある。

晩飯。このお宿はボッチ安心のお部屋食。
一日目はアワビのお刺身とアワビの姿焼き。
マスのお刺身、イカの姿煮、ナマコ酢等、どれも非常に美味だった。
自家製のアンキモや菜の花の和え物も美味かった。

アワビ。
小ぶりだけどバターが合う。

何かの魚、鯛かな?が入った鍋。

日ごろ家で自炊をしているからか、部屋でテレビ見ているだけで
自動で目の前に飯を擁してくれて、片づけてくれて、布団を敷いてくれて。
これほどの幸せは無いな。頻繁には行けないけど、また定期的に旅行に行こう。

食事中のお酒は我慢し、飯の後再度温泉へ。
丁度湯舟に浸かったところ、近所のおじさん2人が入りに来た。
ここのお湯は日によって変わるらしく、無色の日もあれば、もっと濃い日もあるとか。
濃さによって温度も違い、濃いほど熱いらしい。

家の風呂に入ったあとに、再度温まりに良く来ているとか。

タコは好きか?と聞かれたので好きですと答えたところ、
タコを出すように女将さんに言っておいてやるから、とのこと。

部屋に戻り、陸奥八仙の残りと、お店で買ったお酒を少し飲んで就寝。

続きます。

快速しもきた と 特別純米 陸奥八仙

○引き続き2月22日(金)

もう少し陸奥湊周辺を散策しようかと思ったが、8時33分を逃すと次の列車は
3時間後の11時23分までないので、JR陸奥湊駅8時33分発 八戸行きに乗車。
滞在時間1時間(^^;

八戸駅 8時50分着。
ロッカーに入れていたスーツケースを回収し、
待合室の売店で特別純米陸奥八仙の小瓶(300ml)を購入。

八戸から下北へは、青い森鉄道で向かう。片道2480円。
往復の料金とこの先のバス代を考えるとレンタカーが正解だな(^^;

八戸駅 9時33分発 青い森鉄道快速しもきた 大湊行き。

下北駅まで1時間半の移動なので、必ず座りたい。
駅員さんに到着時刻を教えてもらい、寒風吹く中4番線で待機。

1両編成の青い森鉄道快速しもきた。

車内。ローカル線に来たぞ!って感じがしてとても良い。
ちなみに、寒い中待ったのに、暫く誰も乗ってこなかった。

特別純米 陸奥八仙。
ディーゼルエンジンの音を聞きながら車内で飲む日本酒の美味いこと。
これぞ鉄道旅の醍醐味だ。

野辺地駅からは、JRはまなすベイライン大湊線に入る。

下北駅まで約55㎞、陸奥湾沿いを走る。

11時7分 JR下北駅着。


下北駅は終点の一駅手前。

本州最北端の駅らしい。

駅舎。

下北駅からはバスで移動する。
11時15分 下北交通 佐井線 佐井車庫前行きに乗車。

12時30分、下風呂温泉に到着。
バスは片道1190円。

続きます。