ラムづけ蕎麦

昼から国分寺の甚五郎へ。
ラムづけを蕎麦の大盛り(700g)で注文。800円。

ラムは2枚入ってた。肉の量的には、豚肉を使った「肉づけ」が満足できるな。
肉づけ鴨づけは東京ネギだったけど、ラムは玉ねぎだった。
メニューによってちゃんとつけ汁を変えているのなぁ。

ちなみに蕎麦は結構歯ごたえがあった。
ただ、個人的にはうどんの方が好みかな。

その後いつものようにお鷹の道を歩いて西国分寺経由で帰宅。
帰宅後、あまりのお腹いっぱさにやられて数時間昼寝(^^;

前回食べた肉みそキムチうどん(700g)でその量にプチ後悔したはずなのに、
成長しないというか、過ちは繰り返されるというか(^^;

さて、来週は時間があれば「こげら」に行こう。

麺。

この組み合わせは5月4日以来か。

朝飯。
あざみ野駅構内の蕎麦屋「しぶそば」にて。

わかめそば、360円。

そして晩飯。
国分寺の甚五郎にて。

一度食べてみたかった、肉みそキムチうどん850円、大盛り100円。

大盛りにしたらかなり大きい器で出てきた。
麺の量は700g。普通に美味しく食べ切ったのだが、
店を出てから腹の重さがどしっと効いてきて、近くの公園のベンチで休憩(^^;

うどんも出汁も美味しいんだけど、やっぱり麺の塩分が凄い気がする。
次回訪問時は蕎麦にしてみよう。

水樹奈々大いに唄う 伍

水樹奈々大いに唄う伍、現地幕張のチケットが外れたので、
立川の映画館までライブビューイングを見に行ってきた。

大いに唄うはこれで5回目。
1回目(2008年@新宿コマ劇場)、2回目(2010年@中野サンプラザ)、
3回目(2013年@両国国技館)、4回目(2016年@代々木体育館)、
そして5回目は幕張イベントホール。
4回目以外はすべて行けているので超楽しみにしていた。

まずは国分寺の手打ちうどん屋「甚五郎 」で腹ごしらえ。

今回は鴨汁うどん並。2センチ角くらいの鴨肉が5個程入っていた。
しっかりした歯ごたえで美味。
麺の方は、前回もそうだったけどちょっと塩が多いかな?

他にもいろいろ食べてみたいメニューが沢山。
引っ越しまでに、肉みそキムチうどんと山菜おろしうどん、
そしてそば湯割りを頼んでみたい。

その後立川の映画館へ。

令和一発目のイベント、とても楽しかった。
ドタバタしていて夏のツアーの申し込みをできなかったが、
最終公演のマリンスタジアムは行きたい。

9月はまだまだ先だなぁ、、。

麺。

朝飯。
あざみ野駅構内の蕎麦屋「しぶそば」にて。

わかめそば360円、大盛り120円。
麺の質もワカメの量も大満足。

そして晩飯。
国分寺から徒歩5分程度の場所にあるうどん屋「甚五郎」へ。

一度行ってみたかったのだ。

メニュー。
武蔵野うどんはあたたかい肉汁につめたい麺をつけて食べるらしい。

肉づけうどん(並)。なんと並で600gの大ボリューム。

小麦の香りの麺も、肉たっぷりのつけ汁もとても美味だった。
こんなに近くにあるならもっと早くに来ておけばよかった。