おうちでまつむぎ

うどんライターの井上こんさん。
マツコデラックスの番組にでも出演された、うどん界の有名人。

都内に「松ト麦」という、週に一度のみオープンするうどんスナックを経営されている。

毎日うどんを食べていても一向に飽きることが無い私としては
一度行ってみたくて仕方が無いのだが、平日なのでなかなか機会がなく。

そんなとき、通販を開始されたという情報を得て、早速注文してみた。

届いたうどん、4玉。
九州産の「チクゴイズミ」という小麦を使っている。

まずは1玉。
麺投入後に再沸騰してから17分で上げ、冷水で締める。

冷水で揉んでいる時点で、その手の感触が凄い。

ちゃんとした器が無くて申し訳なさ過ぎたけど、
このビジュアルだけで既に美味い。

もちろん食べた瞬間から美味すぎた。

むにゅむにゅもちもち。

今まで味わったことの無い食感。
噛むことの気持ちよさ。一本一本が至福の時。

表現が気持ち悪くて大変申し訳ないけど、唇が喜んでいた。

そして、GW中に打った自分のうどんとの圧倒的な差。
同じうどんと呼んではいけないくらいの実力差(そらそうか。


そして翌日は温かいうどん。2玉利用。
GW開け初日の業務終了後、深夜のうどん。

麺類やお茶、味噌汁などの汁物は、熱々じゃないと許せない。
そのため、いつもうどんは鍋ごと食べているが、今回は丼ぶりを用意。

茹でるお湯、湯通しするお湯、つけ汁、丼ぶりを温めるお湯(ポット)を用意。
ガスコンロが3つあるアパートで本当に良かった。

で、麺投入後に再沸騰してから16分弱で上げ、冷水で締める。
その後、湯通しして、丼に盛り、つけ汁を注ぐ。

あらかじめ作っておいた、甘辛く味付けした黒毛和牛肉と、
軽く湯通しした鳴門わかめを乗せて完成。結構頑張った。

まずは一口。
非常にうまい。
むにゅむにゅもちもち感は冷した方が凄いと感じたが、
言葉に表現できないこの幸せな食感、幸せなひととき。

日本人に生まれて本当に良かった。粉物万歳である。


どうしたらこのうどんに近づけるんだろう。。
とりあえずこの土日もいろいろ設定変えてうどんを打とうか。
小分けにしてゆで時間を変えながら、最適なゆで時間を探るのも良いな。

なお、袋のラベルによると、うどん1玉160g、食塩4g。
加水率50%として、塩分濃度は5%か。メモメモ。。

以前購入した公式Tシャツ。

讃岐すずらん

別の小麦を使って手打ちうどんを作りたい。

そう思い、木下製粉讃岐すずらんを注文。合計6kg。
多すぎる気もするけど、1回300gの小麦粉を使っても2食で食べきれるので、
6kgは思ったほど多くないと判断。

あと、塩と片栗粉を追加で買ってきた。
次から使おう。

今回の分量は以下の通り。

  • 讃岐すずらん:500g
  • 塩(南の極みの赤い奴):16g
  • 水:234cc
  • 加水率50%、塩水の濃度:6.4%

塩をかなり少なめにしてみた。

塩水を加えているときの感触、手に絡みつく感触、
そして揉みこんだ時の弾力が、前回使った薄力粉とは違う。

今回は足踏みはせず、袋に入れた生地を麺台の上で手で押してこねた。

延ばす。四角く伸ばすのが良いらしいがなかなか難しい。。
あと、二の腕が筋肉痛になってきた。。

3つ折りにして切る。
小麦粉500g+塩水250gで合計750gのうどん生地が完成。

太麺にしてみた。

茹で時間13分。
こしがあり、小麦の良い香りがするうどんができた。

これは美味かった。我ながら感動した。
写真の量で約250g。あと2回分残ってる。

次は暖かいかけうどんで食べてみたい。

参考:誰でも打てる!手打ちうどん解説(木下製粉)

手打ちうどん

俺、脱サラしたら、うどん屋始めるんだ、、。

というのは冗談で。
日ごろうどんばかり食べている。

手打ちうどんではなく、スーパーで売っている3玉80円くらいの安い
茹で麺を、冷蔵庫が大きいのをいいことに、常に10玉は冷凍常備している。

うどんが好きというか、いかに短時間で手を抜いてお腹を膨らますかを
考えた結果、たどり着いたのがこの1玉30円弱のうどんなのかもしれない。

ただ、やっぱり麺類は好きで、うどんも大好きだ。
値段だけじゃないことを自分自身で示す必要がある!

というわけで、家で手打ちうどんを作ることに。

とりあえず、道具が無いので、アマゾンでヒノキ製の麺棒を購入。
kicoriya 国産ヒノキ 長尺 麺棒 長さ 100cm 直径 3.4cm

台もヒノキ製にしたかったけど、高いのでパン用のシリコン製の安いものにした。
SUPER KITCHEN Premium Non-Stick XXL Silicone Pastry Mat 91.4×61cm

サイズは一番大きな91.4x61cm。
滑らない&使わないときは丸められるのでとても良い。
麺を切るときはまな板を敷かないといけないが、それくらいは仕方ないかな。

小麦粉に、塩を溶かしたお湯を入れて、こねこね。
分量は以下の通り。

  • 日清薄力粉:300g
  • 塩(南の極みの赤い奴):16g
  • お湯:136cc
  • 加水率50%、塩水の濃度:約11%

塩を90℃くらいのお湯に溶かし、少しずつ小麦粉に入れて混ぜていく。
ちょっと水分足りないかな?という感じだが、5分くらい経つと以下の様に
まとまる。

ビニール袋にいれて20分放置。
その後5分程足踏み。途中何度か取り出してたたんで踏んでを繰り返す。

麺棒で適当な厚さに延ばしていく。
1mの麺棒は長すぎたかと思ったけど、ちょっと長いかな?くらい(^^;

この面を延ばす作業が一番大変だった。
在宅勤務続きで運動不足なので筋肉痛になりそう。。

麺切り包丁はないので、普通の三徳包丁で切った。
延ばした麺を4つ折りにしたので、切りづらく、かなり太麺になってしまった。

あと、切断面からくっついていくので、片栗粉をちゃんとまぶしていかないといけない。

凄い勢いで減っていく塩と片栗粉。買いに行かないと。。

味見しつつ17分程茹でた。とぅるっとぅる。

2回目。
同じ分量で細麺にしてみた。

細いほうが喉越しは良いけど、どちらかといえば太いほうが好みかな。

普通にスーパーで売ってる小麦でこの味。
土日の空いた時間を使って、自家製麺。

小麦と塩にこだわって作るのも楽しそうだ。